祭などで着用される法被の歴史と魅力

法被は、日本の祭などで着用される、日本の伝統衣装です。昔に武士が家紋を大きく染め抜いた法被を着用したのが始まりと言われています。それを見た、職人や火消しなどが着用するようになりました。消防団の制服に採用されているのは、火消しから続いている伝統です。最近では、プロ野球の応援や家電量販店、百貨店、スーパーなどのセールでも着用されています。時代のニーズに柔軟に対応出来るのが、この伝統衣装の魅力でもあります。百円ショップなどで気軽に購入出来ることから、誰でも気軽に着用できます。外国からの観光客からも人気があり、お土産として持ち帰る方も多くいらっしゃいます。今や世界中で愛されているこの日本の伝統衣装を、我々日本人は守り続けて、次の世代にも繋げていかなければなりません。日本の文化の発展の為に、この伝統衣装を色々な所で着用しましょう。

法被の注文のやりかたは

法被は、オリジナルのものを注文することで、より目立つことができる法被を用意することができます。オリジナルのはっぴを用意するためには、ネットを使うことによってオリジナルのものを注文するということは可能となっており、法被をせんもんに取り扱っている業者も多いので、どの業者に注文するのかということは好きな業者を選ぶことができたり、安い業者を見つけて注文するということもネットでなら可能となります。ネットにて注文をするためには、購入したいものを選択し、入力フォームにしたがって注文していくという方法に加えて、購入をするだけではなく印刷もお願いしたいというときには、入力してほしい文字やデザインの情報を送ることによって、プリントアウトもしてもらうことができるので、オリジナルのものは簡単に購入するということができ、ネットを使っての注文の場合には、やり取りがうまくいかなければ、ほしいものを購入することができなかったり、おもっていたものよりも納得のいかないものとなってしまうという心配もあるようですが、ネットでの注文であっても、きちんとメールや電話でのやり取りをしてくれる業者が多いため、納得のいくものを作ることができます。

法被で一体感を着脱する

法被というとよさこいや阿波踊り(男踊り)といったお祭り、そして野球チームの応援団のイメージです。それからスーパーの特売デイ。スタッフさんがお揃いの法被を着て、帽子をかぶって盛り上げてますよね。お揃いの服装で大勢の人たちが盛り上がっているのは、一体感があって見ていて楽しいです。それにあのデザイン、畳んで持ち歩きやすそう。ザブザブ洗って干しても平気そうな、丈夫な雰囲気。それに脱ぎ着がしやすそうなところもいいですね。スーツを着たサラリーマンが仕事帰り、野球場におもむきナイターを観戦。鞄からさっと法被を取り出して羽織り、仲間のファンと一緒に大きな声を出して歌い、ひいきのチームを応援して盛り上がったり。そんな気分転換っていいですね。簡単に脱いだり着たりして、ハレとケの間をさくっと行き来できる、素敵なコスチュームですね。

はっぴに簡単なプリント入れから生地から染めるフルオーダーまでさまざま加工方法でオリジナルはっぴ製作をしています。 体育祭や学園祭用にはっぴが大人気! 地域の自治会様にお祭り用にはっぴが大人気。 子供サイズから大人サイズまでご用意しております。 1枚の既製品販売から大量生産のフルオーダーまで幅広くご対応可能です。フルオーダーは綿で製作が可能です。 ファックスとメールは年中無休で受信可能です。 お祭りに欠かせない法被が充実

Menu

TOP