ソーシャルレンディングの基礎知識

企業が資金調達を使用と考えた場合には一般的には銀行から融資をしてもらい資金調達をすることになると思いますが、そんな銀行からの資金調達が難しい企業は、他の方法によって資金調達をすることができます。日本では、まだ広く知られてはいない方法ではありますが海外では頻繁に行われている方法がありその方法は、企業だけではなく個人投資家にも新たな投資として注目されている資金調達の方法となっています。その新しい資金調達方法はソーシャルレンディングと呼ばれる方法で、この資金調達の方法は投資家にとっては新たな投資として注目されています。では、そんな新しいサービスとはどのような仕組みで成り立っていて、どのような方法で企業が資金到達をして、どのような方法で投資家が利益を上げるのでしょうか見ていきましょう。

新しい資金調達は新しい投資でもある

通常、企業が資金調達を使用と考えた場合には銀行から融資をしてもらい、資金調達を行うのですが、近年では他の方法によって資金調達をする企業がいます。その新しい方法というのがソーシャルレンディングと呼ばれる方法なのですが、これは投資仲介サービスを行っている事業者から資金を融資してもらう方法になります。そして、この新しい資金調達方法は投資家にとっては新しい投資方法として注目されているのですが、それはどのようなことなのでしょうか。先ほどもお伝えをした通り、投資仲介サービスを行う事業者から資金を融資してもらうのですが、事業者が企業に融資する資金を、投資家から調達して融資しているのです。簡単に説明をすると、資金調達をしたい企業と資金を投資したいと考えている投資家を結びつけるサービスがソーシャルレンディングという事になります。

企業と事業者と投資家の全てにメリットがある

企業側にとっては新しい資金調達の方法として注目されていて、個人投資家にとっては新しい投資方法として注目されているのですが、では、それぞれにどのようなメリットがあるのでしょうか見ていきましょう。本来は銀行から融資してもらう資金ですが、実は財務的に健全な企業であっても杓子定規的な銀行の融資審査基準によって融資してもらえない企業が数多くあります。そのような企業にとっては銀行と同等の金利で融資してくれる事業者は大きなメリットになるのですが、当然融資してもらう企業は利息も含めて返済をしていきます。その企業が上乗せした金利を事業者と投資家で分けることで、事業者と投資家は利益を得ることができるようになります。ですので、銀行では融資してもらえない企業側にとっては銀行と同様の金利で借入ができて、事業者と投資家にとっては高い金利を受け取れるので、このソーシャルレンディングに関わる全ての人に大きなメリットがあると言えるでしょう。

みんなのクレジットでは少額から資産運用ができます。 口座開設時の費用は一切かからず初めての方でも安心。 みんなのクレジットでは案件の成約が成立した場合の手数料もかかりません。 いつでもどこでもネットでらくらく運用管理ができます。 クラウドファンディングにご興味のある方はぜひみんなのクレジットへ。 ソーシャルレンディングという新しい投資手法を始めてみませんか? ソーシャルレンディングをお考えの方へ