ソーシャルレンディングの特徴を解説

投資と言えば真っ先の思い浮かぶのは株式投資だと思いますが、その他にも先物投資や不動産投資、近年では若い方の間でFXなども注目されています。投資は将来の不安などから多くの方から注目されていて、それぞれの投資には異なる特徴があるのですが、どの投資にもリスクはつきものです。しかし、近年は低リスクでありながら、ハイリターンを目指すことができる新たな投資が登場して、既に他の投資を行っている方はもちろんですが、今まで投資経験が全くないという方の間でも注目されています。その新たな投資とはソーシャルレンディングと呼ばれる投資ですが、ではこの新しい投資にはどのような特徴があるのでしょうか、しっかりと仕組みを理解することで特徴やメリットも理解できますので、これから始める方は参考にしてください。

最大の特徴は高い利回りを実現できる仕組み

ソーシャルレンディングにおいて最大の特徴とも言われているのが、高い利回りになりますが、利回りはサービス内容によっても異なるのですが、それでも平均して約8%の利回りを実現しています。そもそもソーシャルレンディングは、投資仲介を行う事業者が投資家から資金を集めて、その集めた資金で企業に融資を行う事でサービスが成り立っています。そして、お金を借りていた企業は利息と共に返済をしていくので、その返済された資金と利息の一部を事業者は投資家に分配金として分け与えることで、事業者はもちろん投資家にも利益が生まれます。その上で投資家に分け与えられる金利が高いという事は、事業者が企業に貸し付ける際の金利はさらに高いという事です。投資家の金利が平均約8%となっているのですが、事業者が企業に貸し付ける金利は9%から15%程度となっていて、この高い貸出金利こそ投資家にとっても高金利がもらえる仕組みになります。

投資初心者でも取り組みやすい特徴

ソーシャルレンディングは高利回りを実現できることから多くの投資家から注目されている新たな投資ですが、その他にも様々な特徴によって注目されています。投資と聞くと資金が多く無ければできないイメージを持つ方が多いかもしれません。例えば株式投資や先物投資などは100万円程度、不動産投資になればさらに資金が必要なイメージです。この新しい投資方法はどうなのかというと、最低1万円程度の資金があればスタートさせることができる投資になっています。少額からスタートできるという事もあり気軽に投資を行うことができるのですが、その他にも株などのように予備知識がなくても比較的簡単に始められる特徴もあります。株やFXなどは毎日価格変動が起こり、その価格変動によって損益が変動しますが、この投資であればその心配がない為、難しい管理が必要なく投資初心者でも始めやすい投資になります。