今注目されているソーシャルレンディング

インターネットの普及にともなって、ネット上だけで完結できる投資方法が発達してきました。ソーシャルレンディングもその中の一つで、ネットを利用して投資をすることが可能です。お金を借りたい人がインターネット上で融資を募集し、それを見た個人の投資家が電子的な市場を利用して直接お金を貸すという仕組みになっています。貸し借りを実際に行うには、事業者が運営しているホームページ等を利用することになりますが、今までのように銀行等の金融機関を利用しなくても良いという点が注目を浴びている理由の一つです。何らかの事情で銀行から融資が受けられなかった人でも、お金を借りられる可能性があり、貸すほうも高い利回りが期待できるため、新しい投資方法として人気があると言えます。

ソーシャルレンディングを借り手側が利用するメリット

借り手側のメリットについてですが、従来の銀行のような金融機関を利用するよりも、金銭面や融資のスピードという点で優れた部分があります。まず、コスト面について銀行よりも低い金利で借入をできる可能性が高いです。基本的に銀行による貸付の場合は、その金融機関によって手数料等の中抜きが行われます。しかし、インターネットのみによって運営してお金の貸し借りをする場合は、銀行のような金融機関に比べてコストを安くすることができます。そのため、低金利でお金を借りることが可能になっています。また、融資の面でも審査が通りやすい傾向になっていて審査期間も短いことが特徴です。起業したばかりの会社では、銀行から融資を受けられないことがあります。個人の投資家から直接融資を受ける方法であれば、プロジェクト等の中身次第でお金を借りられる可能性があると言えます。

個人の投資家へのメリットとリスク

投資家側にとって利点としては、眠らせているお金を高利回りで動かすことができるという点です。ソーシャルレンディングは短期的な投資に向いていて、効率的に運用をすることが可能です。また少額からの投資が可能で、リスクを回避したいのであれば投資を分散させやすいのも特徴です。ただし高利回りである分、少なからずリスクのある投資方法とも言えます。考えられるリスクとしては、元本が保証されているわけではないので、貸した先の事業がうまくいかなければ貸し倒れになるケースがあります。また投資先について口出しをしたり、途中で契約を解除できない場合がほとんどですから、その点を踏まえて投資する必要があるでしょう。貸し倒れが実際に起こる可能性は低いようですが、不安な場合は担保がしっかりしている所を選ぶと良いかもしれません。