新しい投資法であるソーシャルレンディング

新しい投資法であるソーシャルレンディングの仕組みについて理解をしている人は、まだ少ないようです。基本的には、貸金業者が間に入って、投資家と企業のお金の貸し借りをつなぐというサービスです。お金を持っている投資家は、そのまま貯金をしておくよりも、資産運用をしてお金を増やしたいと考えます。企業にお金を貸して、利息を得ることができれば良いですが、貸金業を営むためには、貸金業者としての登録をしなければなりません。貸金業者が間に入ることで、この問題は解決できます。仲介業者は貸金業者としての登録をしているので、投資家から集めたお金で、企業に対して融資をしても、法律には違反しません。投資家のほうは、高い金利でお金を貸すことができ、企業のほうは、銀行で融資を受けられなくても、ソーシャルレンディングならお金を借りられる可能性があるという点で、メリットがあります。

どのくらいの儲けを出せるのか?

ソーシャルレンディングを利用した場合、仲介業者に手数料はとられますが、それほど高額にはならないようです。リスクは投資家が負っているため、仲介業者がとる手数料の割合は、むしろ小さいようです。どのくらいの金利でお金を貸せるのかということは、業者によって異なっていますが、だいたい5.0%~10.0%くらいになるようです。中には、不動産を担保として入れてもらっているような業者もあります。不動産を担保として入れてもらっている場合、リスクを大きく減らすことができますが、金利は低めになってしまう傾向があります。一般的に、リスクをかけるほど、金利は高くなります。ハイリスク・ハイリターンをとるか、ローリスク・ローリターンをとるかは、利用者がよく考えて決める問題です。

リスクについても理解をして、余裕のある投資をする

仲介業者が間に入ってくれるとは言っても、通常の消費者金融の融資とは違い、貸し倒れのリスクは資金を出している投資家が負っています。企業が倒産をしたら、貸したお金が返ってこないということになってしまいます。基本的には、しっかりと審査がされているので、その心配は少ないですが、業者の審査も完璧ではないため、リスクはゼロではありません。ソーシャルレンディングは定期預金などよりもはるかに高い金利で資産を運用できますが、リスクについても十分に理解をして、余裕のある資産で投資を行うことが重要です。また、3ヶ月~2年くらいの契約となっていますが、初心者の人はなるべく3ヶ月~6ヶ月くらいの短期の契約を結ぶと良いでしょう。長期の契約を結んでしまうと、資金を回収できるのがかなり先になってしまう上、リスクも高まります。